●Lassic

Img_9adebcd3558e5ac7d9909f9b92a6fb32
2006年3/26完成
福岡市中央区清川にある"Lassic"という建物の壁に絵を描きました。
画像はクリックすると別ウィンドウで大きくなり、もう一度クリックすると閉じます。
Img_7a7b1f420168702869ac3c9dabc1731f
Img_20b7258f3a31b380860479007de0222d
Img_30e70094e54271855b8b3e86682ef76d
Img_fad4bdb1de96faf45a8f62f9c7551e5a
Img_98c8ed0c7f3d8fd28ed70355976d9233
Img_ecb10507f8233b1ef4d3c6bc091a47e6
福岡の中心地・天神から歩いて約20分の場所です。建物の横には那珂川が流れています。
この建物の1Fにはかつて個展をした和茶日が入っていました。 (Click!) 
Img_c2d1eb0a211cd73c53cd39ccb9e840c7
Img_361252e45b6708a42b2b133aa98be3e9
Img_70898de79af814ec39f05e464d22a63d
Img_752d74f1d1c6c3c7873a5ebd4e31f596
Img_2484e8c58d2444fc5a161a17c2446e4f
Img_affecd49be2875c110ac8c89be595cb9
パソコン上でデザインをつめた後、現場で協力者と足場にのぼり13日間の作業のすえ、ようやく完成しました。
写真は2006年5月と11月のものです。制作過程は次回に。

●制作過程 前半

Img_227f55d47dab7015b3c39b670fefaa06
01
Img_70473bc2db4b766688e1489e05bde9ad
02
Img_b4c8e59797694a9ae002de1bcfa2ca9e
03
壁画をどのように描いていったかお話しします。

この建物は4階建てで、マンション部分と飲食店やアトリエからなり、数年前にリノベーションされて生まれ変わりました。

当初はレンガ色の古い外観だったのですが、2006年に壁の補修と塗装が行われ、その足場を使って最後に絵を描きました。
この仕事は建物のオーナーから依頼されました。

01 最初は一番良く見える「この部分のみの」壁に絵を描くことで進んでいました。
  その時のラフ案です。建物全体に対して02の水色の線の部分。

02 どうせだったら建物外周全体の方が良いよね、ということでこのグリーンの部分に決定。軽く考えていました。

03 2006年2/23現地調査
左上 白く塗られた壁を下見に。予想より凸凹している。
右上 ビニールで仮の鳥を作り、サイズの検討をつける。
左下 初めての足場。幅約30cm、これは一番低い所。
右下 建物周辺を偵察。川が流れているのでそばの橋からも見えます。
どこからどの位見えるか写真に撮ります。
Img_34cf9cf1d6a5646037153c900dd017e2
04
Img_f2eb140da07ae819338a0ae14cd6fd2d
05
東京に戻り、写真と図面をたよりにデザインを修正し、各方向からの立面図に描いていきます。その一部を紹介します。

04 南側立面図
隣に駐車場があるので、この面が一番目立ちます。まずはこの面のデザインを決めました。
これらと並行して鳥のステンシルを作成。今回は今までで最大の1羽50〜60cm。形は10種類にしました。

05 東側立面図
那珂川の方からの眺め。今回、立体模型までは作りませんでしたが、隣り合う面の鳥の配置が少し大変でした。

この辺りは海に近いので潮の満ち引きで川幅が変化します。貝掘りの人やいろいろな鳥を見る事が出来ます。
東京生まれの自分には自然がすぐそばにある福岡を羨ましく思いました。

●制作過程 後半

Img_b278a5253d2dc37f096d9ec65095184b
06
Img_ef3cc2e938d2040a60c6696ab9b9075a
07
Img_cb70615831df8749c34ca5f42f84933f
08
2006年3/12福岡に入り、作業開始は3/14。
川の横なので風の影響を受ける。この日は軽い雪が舞っていました。

06 最初の1羽。まずこの場に慣れるため、建物の裏側まで廻り目立たない所で試しました。
ステンシルと壁の隙間、風の影響、マスキング方法など問題山積。
これは一人では不可能だと確信する。結局初日はこの1羽のみ。翌日以降、友人の助けを得て徐々に進んでいきます。

07 図面に足場のグリットを入れて、何段目の何処にどの鳥を描くのか、この図をもとに進めます。
汚れていますがこれを実際に持って作業しました。階段は1箇所なので、建物の反対側への移動や昇り降りが大変でした。

08 作業中はネットで覆われています。その為風が弱まり、視界も少し遮るので多少は恐怖心も和らぎます。
その代わり外から配置バランスを見る事は難しく、図面を頼りに足場上から他の鳥との位置関係を目視で決めます。

高所での慣れない作業、大きなステンシルやスプレー等を持っての狭い足場の移動で、時間がとてもかかります。
この時期は雨が多く作業は進みませんでしたが、気力、体力ともに使う仕事なので、ちょうど良い休みになりました。

日程
3/14 1羽  
3/15 7羽 この日から2人で作業
3/16 雨 連載のイラスト作業  
3/17 25羽 +2人のサポートを得て大いにはかどる。用具も揃い、コツもえてスピードアップ。
3/18 雨 イラストを東京へ送る  
3/19 雨の中10羽
3/20 20羽(2人で!)残す所 Lassic文字+数羽  
3/21 雨 Lassic文字ステンシル作成
3/22 雨 
Img_ca17fee7b48a23e1549529eddbd9cac2
09
Img_e78123ec70e8b534b75624c461a9f38e
10
Img_f11e103f520a381ecb48c7d31bcf7b1c
11
3/23 Lassic文字(09)+6羽 午後からホワイトで修正
3/24 ネット外れるのを待つ
3/25 オフ
3/26 ネットが外れて、最終バランスをチェック(10,11)。6羽追加してサインを入れて終了

3/27 半月ぶりに東京へ帰る。今年のヒヤシンスはあまり伸びないまま枯れていた。
3/29 東京では桜満開。

09 ネットが外されると、ようやく慣れた高所がまた違った場所に感じられます。あとひといき。

10 ようやく全体図が見えました!何箇所か足りない所を見つけ、加える鳥を選びます。

11 川べりに降りて、下からもチェック。塀の横にあるベージュの建物はここで焙煎をしている
「ハニーコーヒー」  (Click!) 。現在は建物1Fにあります。
遂に完成しました!最終的に75羽になりました。

最後になってしまいましたが、この機会を作って下さった浅田先生、そして実際に登って過酷な作業を伴にしてくれた佐野直樹さん、
並びにサポートしてくれた京子さん、正樹さん、エナミくんの協力があって無事終える事ができました。
本当にありがとうございました。
感謝しています。
Img_1f87308bbf3033ca33ff97d3c00644f2