●「DとP」

・2015年 5/22(金) - 5/27(水)
 12:00-20:00 (最終日は18:00まで)
 フラスコ 東京都新宿区神楽坂6-16  (Click!) 

<ポストカード裏面の文>

何となくそっちじゃないと感じている。
僕の好きなものじゃないと。
そんなビジュアルやモノを見続けて、
お前の目は何を観ているんだと問うてみる。
一度それを出さないとな。

4度目のフラスコでの個展。
自分が長く携わっていながら、この会場でふれなかった
「デッサン」と「写真」を展示しよう。
そして、その空間で一年に6日間だけ開くお店をやる。

DMのデザインはデッサン会参加者でグラフィックデザイナー、
イラストレーターの竹内君に手伝ってもらう。
・竹内 巧  (Click!) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上の文の補足
前のように雑誌を買わなくなり、書店にもほとんど行かなくなった。
服も店に行くよりネットで買う事が多くなった。
ネットで得られる情報やビジュアルで満足というか、充分すぎる量を浴びている。
そこにある大多数はあまり意味の無い、魅力の無い写真やモノたち。
それを繰り返して勝手に疲れている。そろそろ吐き出さないとな。

プリンターを買い替えて、web上にアップしてきた写真を壁に貼る。
自分が何を観て何を美しいと思ったのか確かめてみる。

●P「写真」
Img_2b9f02b23ab51f505cf36eda0d412e74
Img_bba77a45a604d72d5367192bbb3b597e
Img_fda81edcd13afc372c417b43550b9947
Img_9c867bb083b8efb22612681df2e026ea
Img_7d8bd45fdd48da8f98a189f8f3caa83e
P「写真」について

いつもwebsiteの日記で縮小して掲載している写真と、ポートレイトで構成した。
写真は最近のから2011年まで見返し、その中から200枚程選んだ。

個展のタイミングで買った EPSON PX-7Vでプリントし、会場で全体の構成を考えながらはっていった。
結果A5x50枚、A4x5枚、A3x3枚と昔撮った銀塩 B4x2枚を展示した。
この並べ方だと人物は最小限にして、風景がメインになった。

展示した写真はコンパクトデジカメ、フォーサーズ、フルサイズのデジカメで撮ったもの。
2012年にCanonのフルサイズ、2015年1月 α7を購入後は昔愛用していたcontaxのレンズを気持ち良く使えるようになった。

Img_a030b3c8c66d2b8bd4197a2bea780dae
その奥のスペースに、もうひとつのテーマ:D「デッサン」の展示。

●D「デッサン」

Img_dd830cc307f36577c158b88498f17f08
Img_6d405d147139b8647724abd9d3a9b064
Img_bb4f42719ff5b5aedb955060dd2ec2e7
Img_5ffb2d23454602e3aed6f0f32b2f7ca1
D「デッサン」について

2009年秋「代々木デッサン会」を立ち上げてから描いたものを見返し、200位枚選んでその内の55枚を展示した。その間デッサン会に225回参加したので約2250枚描いている。

販売するのは今回が初めてで、「デッサン欲しい」=ちょうだいでなく、買いますよというルールを、まずデッサン会主宰の自分が作りたかった。
今までの時間をかけてこの1枚があり、デッサン会の参加者間でそんなやりとりが生まれたら良い。

期間中に17枚、終了後に2枚の計19枚が売れた。好きなデッサンを1枚(or複数)選んで買ってくれたり、デッサンのモデルになった人が自分のを選ぶ事もあった。
今回の販売価格はシートで¥5,400、額に入れて¥8,100にした。

似顔絵を描くのではなく、こちらが能動的に描いたものから、好きなものをを選んで買ってもらえるのは理想的な循環だ。
デッサンを売りますと表明した事で、「前から欲しいと思っていたけど、それをどう伝えていいか分からない。値段がついていることで欲しいと言いやすかった」
みたいな声がいくつかあった。
絵という値段があってないようなもの、価値は作り手が決め、タダにも何万円にも設定できるものだからたちが悪い。それを自覚して今後も描き、発表して行く。

この展示を観に来たのがきっかけで、その後代々木デッサン会に参加するようになった人が何名かいる。
同じ場所で展示した前の3回より人数が多いから、デッサン会の宣伝にもなったようだ。


この小上がりで間近にデッサンを観てもらった。反対側には自分でシルクスクリーンで刷ったTシャツと鳥のモビール。
モビールは製品化を考えていが、今回の個展のタイミングでは他の作業がありすぎて間に合わなかった。13年前に初めて作ったのがこちら (Click!) 
Img_c822d1607d3c8fbec8ae7ccf3c84474f
Img_ea206da90b3c97f8b407fa1e67611df2
Img_1fb8429a5a54f0997d1e2208cff68d84

●一年に6日間だけ開くお店

Img_21d4893ef66cfa69e24311dfceda4f5b
Img_6161a603b13798958c497e19a583d43b
Img_1b8a03ce99471ae1f7b4d9e716620cc9
Img_1288b37255c37f50ce83ce75d9b6d52b
今までやったフラスコでの3つの展示もそうだが、空間の半分はTシャツやbag、パンツなどをディスプレイして販売している。

Tシャツは描いた絵を元に版を作り、15年前から自分でシルクスクリーンでプリントしている。
bagはusedのコイン袋に紐を縫い付けサコッシュに(2011年〜)、toteはステンシルでスプレーやプリントしている(2012年〜)

今年はよりカスタムに対応しようと思ったが、展示を観てもらうのを優先したため、カスタムの注文は少なめだった。
Img_1b1ae5072e303fc9e24dd903ee1d0fb4

今回の搬入時に導入したのがレーザー水準器 (Click!) 
この展示から使い出したがグリット上に展示する際は欠かせないものになった。
搬入はほぼ1人で2日間で行なったが、レーザー水準器がなかったらもっと時間がかかっていた。
三脚と組み合わせればより便利。

Img_c6676683b8759e6099049f07856601b3
Img_2e5b8cbf5f9ca2becb396c814c06b655
Img_e68fd9d03e5f618c0e374faa962ed2b8
Img_e915e38554f81b14e1cbb29bf6b202d0
個展「D と P」は 2015年 5/27をもちまして終了しました。
お買い上げ頂いた皆さま、ご来場頂いた皆さまありがとうございました。
またSNSやweb、口コミなどを通じて宣伝頂いた皆さんもありがとうございました。

多くの方にあの空間で生で観てもらい、何かを買って頂く事で、数ヶ月準備してきたことが酬われました。
6日間全てのお客さんに自分の手で、自分の作ったモノを販売したことの喜びと責任を感じつつ、次回に備えたいと思います。
北村 範史_0814_2015

同じ会場「フラスコ」での個展
2011年 4月 「球根とサコッシュ」 (Click!) 
2012年 4月 「D.I.Y.」 (Click!) 
2014年 5月 「NRCK」 (Click!) 

FBイベント頁 (Click!) 

展示した写真の一部

Img_ee862df1dffc48c09b8017006dddaa55
Img_a0f1a93772c7cf4d3d872b29bba2c3a8
Img_11f6e4e3e290c08f2bca50877941cef1
Img_6f93979fc3dad04b9e7bf98744b64234
Img_f0aeb98c4634bf2cb7b062c5bcd315da
Img_b628ddc32fb7676d9fbf35501682c4d2
Img_6e561d575c421b446f00b233647e0186
Img_5c77a8834bbadd7283c67cdec0c1621c
Img_e6405975e180d3ef5f6c72a53f35d25b