●"siege"

Img_a144064fd339ebed3ea7b11e2ca7ffb1
1995 5/28 - 6/6

中野ZERO展示ギャラリーにて 
黒澤隆寿と二人展 

左DM
Img_72943ece2fa70e7ff5e7fdc27611a57b
Img_8dc9b96fdba3bc7a20e8f88d12658588
Img_e9b747eff75e5d9d098b921cf01a38b4
'90年頃からscrap bookを作り出し、この頃は目についたものを水彩クレヨンでA4かB5の紙にどんどん描いていた。それを溜めて展覧会の時に壁に貼っていく。中央は庭で目に入る緑を描いたもの。
右はまだハガキサイズだが、この頃からカラーインクを使い出す。
Img_d6379ab810c43b0740a76635023115a8
Img_b5d1b8e7ba15efd1a19ad60654c6884e
A4やB5サイズのコラージュとは別に、B1のパネルに等身大の人物を“Life Size"というシリーズで、
アクリル絵の具で描いていた。(下の写真は2枚の写真を合成)
Img_1608df827014cae986e95c0a9edb3b63
"siege" というのはフランス語で腰掛け、椅子の意味。
二人展をやるにあたって展示空間に部屋的要素を加えたく、長方形のスペースを2つに割り、
それぞれの部屋に椅子とコットを置く。この写真中央に見えるのが黒澤君の作品。その向こうが彼の空間。
DM作成にあたっては椅子の絵を彼にいくつも描いてもらい、それに判子でタイトル、名前、サインを僕が入れた。
あの頃はG.Loveの最初のアルバムを教えてもらってよく聞いていたっけ。