●"portraits" tetsuya murakami + norichika kitamura

Img_be9c091da5a0e09038cd0539c05b6cec
Img_58e0b5ae2b5a688e174e677cea45bf99
Img_2651c33a5ffb935b871699adfca5196b
2000 4/28 - 5/6

中野ZERO展示ギャラリーにて
村上テツヤと二人展








1999年11月で約7年半のサラリーマン生活を終え、フリーのイラストレーター、フォトグラファーとして動き出す。初めてのパソコンiMacを買った。

その年の6月にセツ先生が亡くなった。僕は4年ぶりにセツに再び通い出し、そこで再会した後輩の村上君と翌年2人展をやろうとなる。

お互いが前から人物を描いていたので"portraits" というタイトルにする。

上がDM、僕の家でお互いの絵をコラージュして写真に撮る。
中央が告知用ポスター
下が会場で再現したDMで使ったコラージュの全体図。
Img_82e284355bb09850baa61554c276f592
この時から本格的にカラーインクを使いだす。右にB1パネルx2、A4額x24、2人のコラージュ。
Img_53766f168b4614d3dbdc1e433637cc09
中央パーテーションに僕のB1、A4x18+村上2、左壁面にA4x9とB1、向こう側が村上君のスペース
Img_5b4d2f9f05f6cf23e673bcffd3a98224
村上君のスペースから見た反対側
Img_f9d80c8642de90124fbf16707e2bf39a
Img_ed2201a3d1aa0e84c4086266bdd27308
Img_499fc9adb7ec88a579d29b5ccb766590
カラーインクをいくつかの紙で試す。なのでものによってしわが出てしまっているのもある。
中央はパーテーションの内側、片面に僕のA4の絵を1列、反対側に村上君のハガキ大のものを配置。
右は下にちらっと見える僕のscrap bookを村上君に貸し、好きなものを描いてもらい縦線の向こうに展示。
同じモチーフを僕が描き、縦線のこちら側に線対称に展示した。
Img_7ad72b2bd8bdc45dff16220de9b30fd3
Img_3b512667778fecd7aad7f206bb0a62b8
左、何か動きのあるものを描きたくてスケートボードの洋雑誌をもとに描く。
背景まで塗ってある2点が村上君の絵。
右、水彩クレヨンの絵。
Img_d01ba22bf370b49170554499c959428d
Img_d40d9807a78536e19bfbdf01c2b77b74
Img_33c0ef9334bccc8df21e1db61e5d5761
左、村上君のスペース、現在はku:nelやNumber等で活躍中のイラストレーター。
村上テツヤ  (Click!)