●「キミノ 名前ハ ミドリ」 小池アミイゴ x 北村範史 

Img_996f66b3ebf7bee88b6e611b5bf40d0c
2000 12/15 - 12/20 ROCKET

表参道、同潤会 アパートにあったギャラリーROCKETが原宿の細い路地を入った建物に移った。その空間でセツの先輩の小池アミイゴさんと展示を行いました。
まずは当時のプレスリリースから



10年前にセツ・モードセミナーで出会った二人は、時を経てそれぞれ 2000年秋「クラムボン」と「TICA」のCDジャケットを手掛けた。二人の音楽を通して制作された作品を新生ROCKETの空間を使ってセッション的に構成する。
北村は大量のドローイング、ペインティング作品をコラージュし巨大な木を演出する。その空間を小池は「クラムボン」のジャケットワークを中心としたモノクロームの世界で切り取り、「今」街を歩いている女の子、男の子の気分を演出する。
Img_c89701aa77f76bdcf95a863bcdc1728b
左側が「まちわび、まちさび」の原画で、右側が「顕微鏡 / Free」「pool」の原画
Img_c1e2bf491074c0c777d61d3f62b98875
展示案 高さ8mx 幅5.5m
この展覧会では、原宿の密集した住宅地にあるギャラリーROCKETの中に木を植えたいと思った。
ギャラリーに入るまで近所の人の家々で育てられた様々な植木があり、一見場違いなハイテクな建物ROCKETの中に木があれば良いと思った。

その木の周りには、街や人のざわめきや音があり(小池さんの作品)、昼は天窓から自然光が、夜はミラーボールがそれらの作品を照らした。上のフロアには鍵盤など音の出る装置を小池さんが作り、その音はこの建物のサラウンドシステムを通して会場中に響いた。

僕はA4サイズのドローイングで「TICA」の「顕微鏡 / Free」のCDジャケット用に描いた70枚と展覧会用に描きおろした200枚から選び、 高さ8mの吹抜けの空間に200枚以上貼った。
Img_682a527c3735566873ccb08a961ff360
Img_f2c25ae38b550274bd744b21ee658f3c
Img_cfe06c8943f6197127d0ec4de66b1bb6
Img_acc5f093343f8038f1962abd69d6010d
上右 入り口付近から上を見上げる。天窓の手前に小池さんのカラスのモビール。
下左 2Fの階段状のスペースより、ところどころに小池さんの紙の皿の作品。
下右 2Fから見下ろす。この展示用に小池さんが設置したミラーボール
上左 昼は天窓から光が入ってきます。
上右 2F上部から見下ろした所。小池さんの鍵盤など音の出る装置。
Img_b454d63df75735fae91c05556a64ede6
Img_5a3a3237985bdb09ff139672f737536a
Img_93764ce6e542f07108f733e892a28e7a
Img_54ffc7b956ca5e5b9a25461337648d26
Img_1fc82e0850009cc9e648928a68f5f168
Img_b66cb22edf484bda5e6e12e6b7219198
Img_9d9926879c785e25d09a0a947f18149c
Img_26f34d0cbf442d20bebd46c76443d449
SCRAPS

この展示に合わせて、ハガキサイズ20Pの小冊子を家のプリンターで自作。左がそのサムネイルです。
期間中に来てくれた当時SUPER BUTTER DOGの永積君に1部渡しました。これを気に入ってくれて、数年後ハナレグミで活動した際に絵を描くことができました。

NORITICafe
期間中は18:00〜日替わりのイベントをしました。

原田奈々 幻灯会
ジュテーム北村 ポエトリー・リーディング
Masayuki Ishii from Tica "Music for Exhibition"
渡辺有子さんのスコーン 等

左は初めて作ったTシャツ。
Tシャツくんを買って自分で刷りました。
この時から10種類位の版で、数百枚刷ったことになります。





下の3枚は小池アミイゴさんの作品です。
五年程後、福岡のカフェsonesの本"some tenderness"でもご一緒しています。

小池アミイゴ  (Click!)
Img_80235796f0c72a2b60fdeb02e3aeaf7f
Img_0192f28b366c5046a21e84ad174a9419
Img_98d37694553049a445c047b991285ceb