●「D.I.Y.」

・2012年 4/27(金)- 5/2(水)
「フラスコ」 (Click!) 

<ポストカード裏面の文>

パソコンを見ていると欲しいモノが際限なく出てくる。
昔のモノだって海外からだって手に入る。そんな日々を送りながら、
今現実に目の前にあるものを使って何ができるのか試したくなった。

昨年の「サコッシュ」もそのひとつだった。今年はもう少し手を広げよう。自分の手を動かし、身の回りのモノに手を加え、そういう事をしながら絵を描こうと思う。

ポストカードのデザインは個展「スカート」「球根とサコッシュ」同様ミスター・ユニバースの関さんにお願いする。

・ミスター・ユニバース (Click!) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Img_856ea3d07df80ee4f3af93233f8663f4
Img_60d886bf41af0b9906ace4b9c60abcae
Img_1c8eb3beb5e6d07988575dc007a5540a
昨年に引き続き、フラスコで2度目の展示。

当初は「 モノの絵 と モノに絵 」的なタイトルを考えていた。
今回はジーンズやトートバックなどいくつかのモノを展示することになる。
その壁面にそれらのモノと繋がる絵を並べようと考えていた。

でもどこか自分の想像する自由さがなく、小さくまとまりそうだった。
そこで「D.I.Y.」-Do it yourself- という西海岸的で大らかなタイトルにした。

モノがメインなのではなく、いかにそれらと楽しく付き合えるかという事を考えたい。
501(ジーンズ)もトートバックも自分が20年以上愛用し、現在も使っているモノ達だ。

また、釘を打てないというスペースのネガティブな条件をポジティブに転換したかった。
モノのそばに絵やアートがある自由さを出したかった。
絵を売る事を主眼にせず、もう少し自由に展示を楽しみたい。



● モノの壁面
Img_c9ab27ba207e2f6c5709e0dc23de337d
Img_825ebac7d16dac650838bc8a3f199b70
Img_640f4cb2e0985a12777ada1cb8a49cc8
Img_f600a99ac6c7c25107f47ace16efb9f0
Img_a178858ede000fef60c5a2cd8364d545
Img_f040cbddbdd032e3db7418361eb0c2dd
Img_0a49cc6064219f2096213d5dfb9bc0b1
今回作ったものにはそれぞれコンセプトがあるが、それは最後にまとめる。

●今回の絵

Img_7237684270080a4f52faf0e3a57a59fc
Img_1a011c8f07f01b1198868a1b9a769412
今回の個展の準備はモノ先行で始まった。
D.I.Y.というタイトルをつけたは良いが、どんな絵を描くか最後まで迷っていた。

普段のイラストの仕事では10枚くらい描いて、その中で目的にあった1枚を提出している。

表に出なかった絵に手を加えて、もう一度向き合って見ようと思った。既に描いた絵の上にブルー系のインクを塗る。
ハガキ文字面のパープルのイメージが先にあり、それを絵の上に試していった。

このシリーズは、個展D.I.Y.の準備の中でうまれた。ジーンズやbagと同じように、僕の手元に残す事より持ち帰ってもらう事を優先した。なので通常の販売価格を無視して、出力の値段にあわせた。(B5サイズ、50点)
Img_f8b102313240c13f1ce8bc5e0eb6709d
Img_17ee4b539fa5f31b0ad8c66042b969e4
Img_5995e8eb575edeb2875aa8e0a49ae133


ブルーの絵の向こう側に2012年に描いた球根の絵を展示。紫の球根から44点(B5サイズ)
Img_e47b16d73f2eadbd29c38a51f4067f0c
Img_1038a732056314786904dcddc753b8e5

●奥のスペース

小上がり正面の壁に、2011年秋に参加したアートフェア (Click!)  用に描いたものを再構成。(B5サイズ、25点)
木の格子窓の手前に反射する素材のモビールを2つ設置。奥の棚と左側に今まで作ったTシャツを置く。
Img_0d612d06314ef991e7c30c3b23510c90
Img_8751d29eed799b75d038296c91d72ede
Img_6070dd9d3ba07b5e32e2dce78d5b1edb
Img_46d0f1223a836bd9f2116dd26a287b11
Img_37fd520a6947ddf2d28c3e32baa8abc4
Img_6d19389388aa49aa340f94b92ea253ba
Img_25f1b03c11de68ef6bb1926ec7b081cd
今回作ったモノ

●NA_501BK

ジーンズの代表格Levi’s 501。色はブラックを使う。
既にアメリカでつくっていないが中古市場にはまだ大量にある。
ここ10年、ジーンズの時は9割方これを愛用している。

その501に反射するインクでペイントする。
自転車の利用を考え、膝を曲げても後方から見える位置に太めの横線。
Img_b4b7388f9a00255077dd192ace77efbd
Img_7cb570c37fd4c42510eea2d51db606a9
Img_11972bea941fd0a8771eee6d4a63e440
Img_529990357d9821d3d9f589817341564d
● NB_TOTE

20年以上前から愛用している ”L.L.Bean” の tote に必要最小限の絵を描く。
使って行くうちに持ち手や底は色褪せ、ほつれていく。
それとともに鳥も褪せるようにステンシルとスプレーを使う。
10年は軽くもつリーズナブルなbag。

この鳥のモチーフは10年以上描き続けているが、2006年には4F建てのビルの壁画も描きました。
詳細はこちらの"Lassic"  (Click!) 
Img_ac86cec50e7467ec47edf4247a34faa3
Img_9f023cdb5be6c201c4705f6a068c1569
Img_11cbbd84e1e0ef00a63fce8dc1eb4b9a
Img_11e8f9dedbed53e7f7b72be862d4d80c
● NC_SAC

フリーマーケットで見つけたアメリカのコイン袋に最小限手を加えて*サコッシュのようなbagを作る。

紐の着ける位置は、自分なりに考えて左右非対称。
皮革用の麻糸で返し縫いをする。長さは買った人に結んで調整してもらう。
昨年のフラスコでの個展**「球根とサコッシュ」で初めて作ったbagの2012年版。

*サコッシュ:自転車のロードレースで、選手に補給食を渡すための袋。
**「球根とサコッシュ」 (Click!)  の30
Img_3f50804369cae8b8cf26d87272d35e77
Img_d508f0198304b567df578854acd32ec9
Img_f80c0397d2275964e527d01a1778bf89
Img_524b6952246ce4776995dc850771093a
● ND_TEE

2000年から個展の度にシルクスクリーンを使ってTシャツを自作している。
今回はフランスのステンシルを使ってDRAWINGという文字を版にした。

今回やりたかったのは、反射するインクを使って、
1) 前に作ったTシャツの上にプリントする。
2) 後ろの裾に線を引く。
3) 古着も含め色んなボディに刷る。
Img_0e1c22072e8a552649eb0d516ed02715
Img_4cddf8c040df5f834b22f2f35f7c4024
Img_4ac63ed8e6fb68ddab2ce5c206095f91
Img_07a24859daac648b2c9603aafc7bddbd
●ミクロマンの話。

子供の頃、パーツを取り替えながらミクロマンで遊んでいた。
良いものA、と余りものBで戦わせていた。
遊んでいる途中で良いパーツで構成されたAより、
寄せ集めで偶然できたBの魅力を発見する。
最初は複雑だったが、痛快な気持ちになっている自分を発見する。

43歳の今、手持ちのパーツ(材料)で何が作れるだろう。
既に十分な量の服も紙も画材も揃っている。

どこにでも売っているものを使って、誰にでもできることをする。
ちょっとしたアイデアと知恵を使って能動的にモノと付き合っていきたい。

・手と体を動かしながら考える。頭だけで進めない。
・ある種の大らかさを大切にする
・使い道のはっきりしない絵を描こう
・クライアントやデザイナーの要求に右往左往する事もある。
 個展はそれから自由なもの。

・だからD.I.Y.で良い。展示を楽しめ 


展示までの作業は3月 (Click!)  、4月  (Click!) の日記に書いています。

個展会場に来てくれた皆さん、モノや絵を買ってくれた皆さんありがとうございました。

一部まだお渡しできていないもの、お返事できていない事がありますが、
少しずつ進めていますので、もうしばらくお待ち下さい。

制作期間中は1980年前後の秋岡芳夫の本を図書館で借りて読む。
目黒区美術館の秋岡さんの展示はこちらが詳しい。 (Click!) 
他に’90年代にBE‐PALで読んでいた田渕義雄の本を再読。田渕 義雄 / 21世紀の自然生活人へ(BE‐PAL BOOKS)

北村範史_2012 0630 追記